ナカノテツ宗像店スタッフブログ

トールペイント教室のご案内♪

こんにちは、ナカノテツミです。小春日和が続いていたと思ったらしっとりと雨。
雨が降るたびに寒が緩んでゆくような、そんな季節の変わり目ですね。
ぼちぼち春支度をしなければ、と思います。
季節の変わり目は体調を崩しがちになりますので、体調にはじゅうぶんにお気をつけてくださいね。

今日はトールペイント教室のご案内です。
前回はヨーロピアンペイントをお知らせしました。どちらももともとは同じペイント系のハンドクラフトで、各地域、国でそれぞれの個性を帯びて派生していきました。
今回のトールペイントはアメリカントールペイントの一種で、西部開拓時代に広まっていったといわれています。もともとは古びた家具やブリキのバケツなどのリメイクから始まったもので、トールという言葉はブリキを意味する「ティン」という単語が語源だそうです。
西部開拓時代は荒野に居住区を切り開いていく過酷な時代で、そんな厳しい生活の中で少しでも安らぎや癒しを得ようとしたのかもしれません。生活のに華やかな彩りを加えるためか、トールペイントはとてもカラフルです。

先生の作品 その1

佐々木先生の教室では、筆遣いを重視しているそうです。とにかく筆に慣れていろいろな技法を身につけること。
そのための筆選びは重要で、自分の手に合う筆を選ぶとよいのだそうです。筆圧の強弱、毛羽の多少が大きな差になるのだとか。
そして何より個性を重視します。先生が指定する色をのせてゆくのではなく、自分の感性で仕上げてゆくことが大事なのだそうです。同じ下絵を用意されても、生徒さん次第でまったく雰囲気が異なる作品に仕上がってゆくのだそうです。

その1を生徒さんが模写 その1を生徒さんが模写

その個性とは、事象を把握する能力と言い換えてもいいかもしれません。
たとえば同じリンゴを描くとして、その色合いやたたずまい、光源のありかた、リンゴに対する思いや理想など、そうした個人がもつリンゴに対する理念や思想がそのまま反映されるのです。
写真のように写すのではなく、個々がその事象に対する気持ちをも描きこんで塗りこんでゆく。そこにただ「ある」、のではなくたたずむように「存在」していることをうつし出し、それをペイントして際立たせる、そんな感じなのでしょうか。
先生の作品 その2 先生の作品 その2アップ

カントリー調という言葉があります。それは西部開拓時代の名残です。そしてそれはとりもなおさず、開拓するために集まってきた人々それぞれが持つバックグラウンド(=カントリー)の差異によって、さまざまな技法や方向性が現れました。人が選ぶ色というのがいかに多種多様であるか。季節によっても変わる配色など、少しずつ進歩していきました。
それらがさまざまなペイント系の「トールペイント」を生み出し、そしてまた進化を続けてゆくのです。

ですから、佐々木先生は「先生の作品が100パーセントではない」とおっしゃいました。同じ人が作っても、同じものができるわけではないとも。
見るものに対する洞察力や観察力なども、時間とともに変わってゆくからだと。
そうした観点からすると、トールペイントに完成はなく、かといって手を入れれば入れるほどいいというものでもなく、バランスをとることが大事、というトールペイントの本質は、そのまま生き方の取捨選択にもつながるように思えます。

そうした哲学的な部分もあるトールペイント。使う絵具はアクリル絵の具です。油絵の具をあえて使うこともありますが、ほぼアクリル絵の具で描くのだそうです。
技術的なことをいえば、ひび割れの入れ方をメディウム(溶剤)を使って教えたり、綺麗なプレートをわざと古びさせて描いてみたり。
ニスも劣化します。いつまでもそこに存在し続ける芸術品ではなく、基本的には朽ちてゆくものとして、どんなに装飾を施しても道具としての一面をなくさずにいる、そんな点も魅力なのかもしれません。
アンティークになる過程を楽しむ、というのも醍醐味の一つといえるのでしょうか。

そうした応用がきくようにきっちり基礎から教えるのが、佐々木先生の流儀だそうです。
初心者の方にも小さいものから取りかかって、基礎から丁寧に教えて下さいます。
教室にはビギナーさん大歓迎とのこと。作品をどこにおくかを決めてから取りかかるのだそうです。

体験教室を企画中で、見学は教室開催日はいつでも受けますとのこと。
佐々木先生のトールペイント教室は月に2回。第1火曜日と第3金曜日のそれぞれ午前と午後に開催しております。午前は10:00-12:00、午後は13:00-15:00と、いずれも2時間です。
やってみたことがないことを初めて見るのに、春はいい季節です。これをいい機会と、やってみてはいかがでしょうか。

年中無休のくりえいと宗像サンリブにお越しの際は、同じく年中無休で頑張っているナカノテツ宗像店にぜひお立ち寄りくださいね。
スタッフ一同、お待ちしております♪

スポンサーサイト

PageTop

米永先生、テレビご出演!

こんにちは、ナカノテツミです。
寒くてすっきりしない日が続いていて、なんとなーく停滞気味なテツミです。大好きな手作りもちょっとお休み~。
なんてダラダラしていたのですが、先週の手作りフェアでテンションあがりました。
手作りフェアは毎年楽しみにしていて、でかけています。
ほんとうに楽しくて、毎回1日があっという間に過ぎてしまいますねぇ。今年もいろいろとワークショップを経験しました。

そんなワークショップの手作り講習で、テツミはわが宗像店で教室を持ってらっしゃる米永先生のビーズ刺繍を体験してきました。
そのレポはのちほどやりますが、なんと米永先生、NHKの番組にご出演なさいます!

米永先生
(※写真はすべてクリックしたら大きくなります)

「すてきにハンドメイド」
ビーズ刺繍のクラッチバッグ

放送予定
Eテレ
 2月27日(木) 午後9:30-9:55
 3月 5日(水) 午前10:30-10:55
総合テレビ
 3月 6日(木) 午前10:15-10:40

ビーズ刺繍のご紹介
なんと、あのすてきにハンドメイドにご出演です。すごすぎるー

米永先生のビーズ刺繍、ほんとうにうっとりするほど美しいのです。緻密であざやかで、もはやハンドクラフトというより芸術品なのです。そのため、ナカノテツ宗像店で受け持っておられるビーズ刺繍教室は常に満席です。生徒さんたちも熱心で、生徒さんたちの作品も素晴らしいのです。
テツミも習ってみたいなぁとぼんやり思っていたのですが、満席ではその夢もかなわず。
残念だなぁと思っていたところ、九州手作りフェアの米永先生のブースでビーズ刺繍体験講習を発見したとき、ほんとうにうれしくなりました。いえ、ご挨拶にはいこうと思っていたんですよ、そしたら体験講習を発見したわけですよ。
もう迷いもせず、先生にご挨拶もそこそこに講習を受けることになりました。

米永先生のブース
(※手作りフェア2日目終了後の先生とブース。お疲れ様でした~♪)

ビーズ刺繍のワークショップで製作体験01

ビーズなんて触ったのは小学女児期以来というビーズ刺繍の門外漢なテツミです。そんなテツミでも体験キットを利用したらすてきな作品が完成しました。

ビーズ刺繍のワークショップで製作体験02

ビーズ刺繍のワークショップで製作体験03

ビーズ刺繍のワークショップで製作体験04

ビーズ刺繍のワークショップで製作体験05
完成

やってみるとハマる! 無言で黙々とビーズを刺していくんですが、これがもうほんとに夢中になります。ひたすらビーズの穴めがけて針先を入れ、下絵が書かれた土台のフェルトに縫いつけていくのです。理屈じゃないんです、もう心で動いてるという感じです。
そんな先生にコツは?とお聞きしたところ、「ゆっくり刺すことですかねー」と。
……テツミ、初めてのことと時間を気にして(講習待ちの方が何名かいらっしゃいました)焦ってやってました。そしたらビーズの並びがちょっと乱れたりして。先生の適切な指摘に、ちょっとぐっさり。
そこから気持ちを入れ替えてゆっくり針を入れるようにしたら、最初の頃よりは少し美しくビーズが並ぶようになった気がします。気持ちの問題かもしれませんが。

米永先生の選ばれたビーズがとても素敵で、ビーズど素人のテツミでもこんなに美しく完成できました。所要時間は1時間ちょっとです。
こんな体験講習を宗像店でもしていただきたいなぁと、ちょっとわがままに思ってみました。
ただ残念なことに、宗像店のビーズ刺繍教室はただいま満席で新たに生徒さんを募集していません。もっと盛り上げたい宗像店としては本当に残念!
本店のほうではまだ若干の空きがあるそうなので、ビーズ刺繍に興味を持った方は本店にお問い合わせしてください。
(※本店電話:093-531-6636です)

米永先生のますますのご活躍とテレビのご出演を楽しみにしています~♪

次はトールペイントの教室のご案内です。

年中無休のくりえいと宗像サンリブにお越しの際は、同じく年中無休で頑張っているナカノテツ宗像店にぜひお立ち寄りくださいね。
スタッフ一同、お待ちしております♪

PageTop

もうすぐひな祭り♪

こんにちは、ナカノテツ宗像店のナカノテツミです。
1月のセールでは、ご来店ありがとうございました。おかげさまで、大変盛り上がりました。

ただ、たくさんのお客様をお迎えして宗像店はてんやわんやで、ブログの更新ができませんでした。
また改めて心機一転、ブログ更新を頑張ります。

さて。
2月に突入し、いよいよ寒さも佳境。
冷え込みも厳しい上に毎日すっきりしない天気が続いておりますが、暦の上ではもうすでに春。
寒い外はともかく、おうちの中だけ先に春を招いて暖かな気持ちになりませんか?
来月のおひな祭りを手作りで迎えてみてはいかがでしょう。

おひなさまコーナー
※画像はクリックしたら大きくなります♪

ナカノテツ宗像店では、店頭におひなさまコーナーを設けてみました。
クラフトビーズやスワロフスキービーズで作るお内裏様、縮緬で作るお内裏様、あみぐるみやつるし雛やヤクルト容器をリメイクしてつくるお内裏様など、おひなさま関連の手芸キットを豊富に取り揃えております。

つり雛

そうしたお内裏様を雛段にするためのぼんぼりやひしもちの花器などもございます。

ひしもち型花器

ひしもちの花器はとても可愛く、雛飾りのお花を飾るのに最適です。
ビーズで作るおひなさまは、大きめビーズで簡単に作れるものから小さめビーズで細かな細工を必要とするやや上級向けのものまでありますので、お客様それぞれに合わせて仕上げられます。
寒い外をしりめに暖かいお部屋で楽しく作ってみてはいかがでしょう。
幼稚園や小学生のお嬢さんがいらっしゃる方には、親子で一緒に取り組んでいつもと一味違ったおひな祭りを体験でき、いい思い出になるのではないでしょうか。
新暦3/3のおひな祭りですとすでに残り1か月切りましたが、お節句は旧暦でお祝いする地域も多く、その場合は4月まで飾るそうです。
(注:月遅れでは4/3、2014年は旧暦3/3は新暦4/2です。年によって変動があり、基本的に旧暦3/3は新暦3/24頃〜4/22頃にあたります)
まだまだ母と娘で手作りを和気あいあいと楽しんだ後に、女の子ならではのお節句を楽しむ時間はじゅうぶんにあると思います。
ぜひ、やってみてはいかがでしょうか。

何かわからないことがございましたら宗像店スタッフまで、お気軽にお尋ねくださいませ♪
わかる限り、手作りのお手伝いをさせていただきます(^^)。

次回は手作り教室のご案内の予定です。どの教室になるか、ただいま検討&取材中です。お楽しみに!

年中無休のくりえいと宗像サンリブにお越しの際は、同じく年中無休で頑張っているナカノテツ宗像店にぜひお立ち寄りくださいね。
スタッフ一同、お待ちしております♪

PageTop